手作り結婚指輪の豆知識

結婚指輪をサプライズで贈るのは女性に受け入れられる?

婚約指輪や結婚指輪を贈るのはカップルにとって特別な瞬間となります。男性の中には、こうしたスペシャルな機会を活用して、未来の伴侶を大いに喜ばせたいと考える人もいることでしょう。そこで、結婚指輪をサプライズで渡そうという計画を立てる人もいます。とはいえ、婚約指輪とは異なり、結婚指輪の渡し方に関しては深い配慮を示すことが必要となるでしょう。

結婚指輪のサプライズについて

婚約指輪に関しては、恋人に結婚を申し込む「プロポーズ」という一大イベントであると同時に、とてもロマンチックな瞬間でもあります。ですから、サプライズを用意して恋人を喜ばせようとすることは広く受け入れられてます。

実際、周囲の見知らぬ人たちが突如踊りだしてプロポーズを盛り上げるフラッシュモブなど、さまざまな趣向を凝らしてプロポーズをする男性は少なくありません。

もちろん、そうした演出をしないとしても、ジュエルの入った箱を開き、ダイヤモンドの付いた指輪を見せながら結婚の申し込みをするというのはテレビドラマでもよく見るシーンですから、忌避感を抱く人はほとんどいないでしょう。

一方、結婚指輪に関しては、「基本的にサプライズは不要」と考えている女性が大半です。

というのも、この指輪を準備する段階で2人はすでに婚約しており、結婚式に向けてさまざまな打ち合わせを進めている段階でしょう。ですから、特別なイベントとする意義をあまり感じないという女性が多いのです。加えて、婚約指輪はプロポーズの大切な思い出として大事に保管しておかれることが多いのに対し、マリッジリングは結婚式が終わった後から毎日身に着けておくものとなります。

そのため、自分で好きなデザインのものを選びたいという人が大半なのです。それにも関わらず、サプライズで渡すことにしてしまうと、男性が指輪のデザインやカラーなどを選ぶことになってしまうため、まったくありがたくないと女性は感じてしまいます。

愛着が持てない指輪を毎日使い続けるのはつらいことでしょう。指輪を見るたびにストレスを感じさせてしまうことにもなりかねません。ですから、マリッジリングに関しては、2人で一緒に購入することをおすすめします。

サプライズはアリ無し?

指輪の種類に関わりなく、サプライズそのものがまったく好きではないという女性もいることを男性は覚えておきましょう。周りの人から注目を浴びることが苦手と感じている女性の場合、フラッシュモブのように大勢の人が関係するプロポーズをしてしまうと、「自分の気持ちをわかってくれない人」という印象を与えてしまい、これまで培ってきた大切な関係が終わってしまうこともあるのです。

また、結婚をしようか迷っていた女性の場合、「無理やり断りづらい状況を作ってきた」というネガティブな印象を与えてしまうリスクもあります。

実際、大掛かりなプロポーズをした結果、「これほど自己中心的な人とは一緒になれない」という判断を女性が下したケースは珍しくありません。

マリッジリングに関しては、「サプライズをするよりもしっかりと相談してほしかった」という意見が多く見られます。間もなく夫婦になることを考えて、2人で意見を交換しながら決めたかったという人も少なくありません。中には、金属アレルギーのためにせっかく準備した指輪を付けることができなかったという事例もあるのです。ですから、

恋人を驚かせるのは総じて婚約指輪を渡すタイミングだけにする方が良いということを覚えておきましょう!

渡すタイミング

結婚指輪を渡すのに最もポピュラーなタイミングは「結婚式当日」です。

教会で挙式する場合には牧師の前で結婚の誓いを述べた後に、神前式で執り行う場合には神官もしくは巫女の前で、指輪交換を行います。アンケートによれば結婚を控えた女性の大半は、永続する夫婦としての愛を花嫁として公に誓うこのタイミングにマリッジリングを受け取ることを希望しているとのことです。

「記憶に残る特別なセレモニーとなるよう、指輪の交換も厳かな雰囲気で行いたい」という意見が非常に多く見られています。ですから、花婿としてはジュエリーショップで出来上がった指輪を受け取ったなら、花嫁の意思を尊重して結婚式当日まで大切に保管しておくと良いでしょう。

一方、ジュエリーショップで婚約指輪を受け取ったら、すぐにその場で付けたいという女性もいます。2人の結びつきを示す大切なアイテムを一刻も早く身に着けておきたいというわけです。また、事前に結婚式や披露宴の衣装を着て行う写真撮影の時に受け取りたいというケースもあります。

こうした要望は結婚指輪を購入するタイミングでさりげなく聞き出しておくと良いでしょう。

まとめ

結婚指輪は夫婦としての2人をつなぐと同時に、毎日の生活に寄り添う特別なアイテムです。とはいえ、婚約指輪を渡すときのように特別な趣向を凝らす必要はまずありません。むしろ、2人でじっくりと話し合いながら満足のゆく1品を見つけることを心がけておきましょう。

関連した投稿