手作り結婚指輪の豆知識

結婚指輪は着けっぱなしで大丈夫?

夫婦の絆を常に感じていたいという思いから、結婚指輪は常に着けたままの状態で過ごしたいという方もいるでしょう。ですが着けたままだと、傷や汚れが付きやすいなどの問題点があります。安心して着けたままにできるように、素材やデザインにこだわった指輪にすることも大切です。

2人に絆を感じられるアイテム

結婚したら常に結婚指輪を着けたままにしているという方も多くいます。常に身につけていることで、離れていても2人の絆を感じられるアイテムになるというのが、着けっぱなしで過ごすことのメリットの1つです。中には24時間着けっぱなしの状態で過ごす方もいて、常に身に着けたままの状態であれば紛失のリスクを減らせます。しかし家事や入浴時などに指輪を外すとき、紛失のリスクもあるので注意しましょう。こまめに外す可能性がある場合には、外すときの保管方法を決めてどこに置いたかわからなくなる状態を防ぐことが大切です。

傷や汚れに注意して扱うこと

結婚指輪を着けたままにしたいときに注意が必要な点が、傷や汚れがつく可能性があることです。注意して使っているつもりでも、固いものに触れて傷がついたり、重たいものを持ったときに指輪が変形したりするリスクもあります。傷や汚れを防ぎたい場合には、家事や重たい物を運ぶなどの際には指輪を外すのも1つの手です。24時間着けっぱなしにするのではなく、傷や汚れがつきやすい場面を避けることでキレイな状態を保ちやすくなります。

ほかにも着けっぱなしで過ごす場合には、衛生面に注意することが大切です。特に肌が弱い方の場合には、指輪と指の間に雑菌が入って皮膚に炎症が起こすリスクもあります。結婚指輪を着けっぱなしにしても問題はないものの、指輪と指周りを清潔に保つことを忘れないようにしましょう。

着けっぱなしに適した結婚指輪とは?

結婚指輪を着けっぱなしにしたいと考えているのなら、着けたままの状態に適した結婚指輪を選びましょう。例えば着けっぱなしにしたい結婚指輪を選ぶなら、プラチナ素材のものにするのも1つの手です。プラチナ素材は、ほかの素材と比較すると変質や変色の心配が少なくなります。ただし比較的変質や変色の心配が少ない素材でも、長く使っていると細かい傷はついてしまいます。細かい傷が気になるなら、定期的なお手入れできれいな状態を保てるようにしましょう。購入したショップへもっていけば、表面を磨きなおしてキレイな状態を保つサポートをしてもらえるケースも見られます。

また着けっぱなしにしたい結婚指輪であれば、宝石が多くついているものやデザインに凝ったものは避けるのが無難です。宝石がついているもしくはデザインが凝っているものだと、家事や育児の際に邪魔になる可能性が高いです。こだわりの装飾で結婚指輪を用意したいなら、着けっぱなし用ではなく、特別なときにだけ使うようにしましょう。

素材別のお手入れ方法を知ろう

結婚指輪をキレイな状態に保ちたいのなら、保管時や普段のお手入れ方法に注意することが大切です。素材別に保管時の注意点やお手入れ方法が異なるので、個別にどのような点に気をつけたらいいのか確認していきましょう。例えば結婚指輪の素材に使われることが多いシルバーは、傷つきやすく黒ずみやくすみが目立ちます。くすみがついたら専用のクロスで丁寧に拭きとってお手入れすることが大切です。保管時には空気に触れないように注意することで、硫化しやすいデメリットを避けられます。一方でゴールドの結婚指輪は、シルバーと比較すると腐敗しにくく酸化もしにくくなっています。しかし金の含有量で傷のつきやすさが異なるので、適切にお手入れをすることが欠かせません。

結婚指輪をキレイな状態に保とう

結婚指輪は常に身に着けることで2人の絆を感じられる一方で、着けっぱなしだと傷や汚れのリスクがあります。保管時やお手入れ方法に注意して、キレイな状態をキープできるようにしましょう。また着けっぱなしに適した結婚指輪の素材やデザインを選ぶことも大切です。

関連した投稿