手作り結婚指輪の豆知識

結婚指輪はお互いの好みを尊重すること

結婚指輪は一時的につけるものではなく、長い夫婦生活でずっとつけていく大切なものです。長く使うものだからこそ、夫婦どちらかの好みだけで決めるのではなく、お互いの好みに合わせて納得できるデザインを選択するようにしましょう。

結婚生活に不満が残らないようにする

結婚指輪は、これから人生の新たなスタートを切る2人にとって記念の品となる大切なアイテムです。2人の新たな門出を祝うアイテムになるだけではなく、常に身に着けることでお互いの絆を感じられるものでもあります。しかし記念になる結婚指輪を作ろうと考えても、デザインの好みが男性と女性で異なるケースも見られます。ではお互いの意見が合わない場合には、どのような解決策があるのでしょうか。

デザインの好みが合わないと、片方が折れてどちらかに合わせるという選択をする場合もあります。しかし片方だけが折れる関係で夫婦生活をスタートさせてしまうと、今後の2人の関係も片方が我慢してしまうかもしれません。片方だけが我慢する状態だと、良好な関係が長く続く可能性が低くなります。2人の幸せな門出にあった結婚指輪をするためにも、2人で話し合ってお互いが納得できるデザインを考えていくようにしましょう。お互いの意見を少しずつ取り入れるなど、話し合って解決できる関係を築くことで、今後の夫婦生活で問題が起きても話し合いで解決しやすくなる可能性もあります。

細部のデザインを変えることも可能

男性と女性で話し合ってお互いの好みに合わせようと考えても、意見が合わずにまとまらないという場合もあるでしょう。そのような場合には、デザインが同じペアリングではなく、少しだけ変えたものを選ぶのも1つの手です。例えば男性はシンプルなデザインにして、女性の指輪にだけダイヤモンドなどの宝石をつけたデザインを選ぶ場合もあります。指輪は同じ素材で表面加工も統一したうえで、細部のデザインだけ変更することによってお互いの好みを譲ることなく、結婚指輪を購入することにつながります。

また好みが大きく異なるような場合には、細部だけ変えるのではなく、細部による統一感を持たせるという選択肢もあげられます。リング内側の刻印やシークレットストーンの利用によって、2人にだけわかる特別感を演出できます。結婚指輪は同じものを用意するのが当たり前というイメージを持っている方もいるでしょう。しかし結婚指輪はお揃いでなければいけないという決まりはないので、それぞれの夫婦にあったものを選ぶことが大切です。

夫婦に合った結婚指輪を考えよう

今まで別々に暮らしてきた男女が一緒に暮らし始めると、お互いの意見が合わずに揉めてしまうこともあります。良い結婚生活を続けるために大切なことは、お互いの意見や価値観を尊重することです。お互いの意見を尊重できる関係を築くことで、片方が我慢することなく良好な関係を維持することにつながります。そして結婚指輪というのは、新たな生活をスタートさせる夫婦がお互いの価値観を尊重する第一歩となります。双方が納得できるように、しっかりと話し合って決めることを忘れないようにしましょう。

夫婦が別々のデザインをしていると、結婚指輪のありがたみが欠けるというイメージを持つ方もいます。しかし最近では、夫婦で異なるデザインの結婚指輪をしているケースも増えてきています。自分たちの好みを優先して結婚指輪を選ぶ場合も多くなっているため、妥協せずに異なるデザインのものを選ぶのも1つの手です。デザインを変えるのにも、少しだけ変える方法と細部だけ統一する方法に分けられます。自分たちの好みに合わせて考えていきましょう。

お互いの意見は尊重すること

片方が我慢して納得できない結婚指輪を選ぶと、その後の結婚生活に影響することもあります。良い夫婦生活をスタートさせるためにも、2人で話し合ってお互いが納得できるデザインを選びましょう。お揃いのペアリングを選ぶのではなく、デザインの一部を変更するなどの工夫も可能です。

関連した投稿